共働き家庭の味方、病後児保育所で働くには

病気が治ったものの、まだ本調子ではない子供を保育園などに登園できるようになるまで預かるのが、病後児保育所と呼ばれる保育施設です。看護師資格を持っていれば子供の病気や症状に合わせた医療的対応ができることもあり、この保育施設には保育士だけではなく看護師も活躍しています。病後児保育所では、医師により病後児保育が可能であると判断されている子供を預かりますが、回復途中にあっても病状が急変することもあります。そんなときに対応できるのが看護師です。安静が必要なときには休ませ、急変時には速やかに受診をさせるなど、状況に応じた的確な判断が求められます。

保育園に通いたいけれども、登園許可が下りるまで通えないという子供は少なくありません。共働きの家庭であれば預ける施設にも困ります。そんな働く親の「困った」に寄り添うのが病後児保育所です。私立の保育園一体型の施設や自治体が運営する施設もあります。利用者が多くいる病後児保育所ですので、看護師ニーズも高いといえます。

求人を探すときには、保育園の保育士求人を探すよりも、病児保育室や要看護師資格という内容で検索してみましょう。アルバイトや正社員の雇用形態があり、病児保育室に特化した求人を探せます。保育や看護師の転職サイトに登録すれば、非公開求人にも応募することができます。保育士に興味があるという方は、看護師としての資格を活かしながら、保育士のサポートをする働き方もあります。保育士のサポートであれば、保育士の資格がなくても働くことが可能です。